プレママ・ママ編集部便り

あの一言が大きな力に!ママが救われた言葉★投稿キャンペーン

76
クリップ
こんにちは、ベビータウン事務局です。

夜泣きで寝不足な時期、誤飲・転倒など危険が多くて目が離せない時期。
後追い・人見知りが激しくママから離れてくれない時期もあれば、やんちゃ盛りでママが子どもを追いかけ続けなければいけない時期もある…。
子育てって、本当に大変ですよね><

そんな育児期真っ只中、誰かのほんの一言で
心から癒された!思わず涙が出てきた!
…そんな経験はありませんか^^?

【育児中のママが、勇気づけられた/心にしみた/救われた言葉】を募集します!
どんなときに、誰から、どういう風に声をかけられたのか、当時のエピソードとともにできるだけ詳しく 教えてくださいね☆

ご投稿いただいた方の中から5名様に「ルルド マッサージクッションSS AX-HCL108」をプレゼント!どの色が届くかはお楽しみ!



たくさんのご参加、お待ちしています★
【2019年8月31日(土)23:59締切】

ATTENTION!
ご当選された方には9月末頃までにお知らせ表示&メッセージBOXでご連絡をいたします。必ずママひろばにログインして確認してくださいね。


応募要項を見る(クリックすると開きます)

◆あの一言が大きな力に!ママが救われた言葉★投稿キャンペーン◆

■応募期間
2019年8月2日(金)~2019年8月31日(土)23:59

■賞品
「ルルド マッサージクッションSS AX-HCL108」 5名様

■ご当選条件
・本記事のコメント欄に「あの一言が大きな力に!ママが救われた言葉★投稿キャンペーン」をご投稿いただいた方
※コメント欄投稿には、ベビータウンもしくはプレママタウンへの会員登録が必要となります。

■当選に関して
・応募期間に、この記事のコメント欄に「あの一言が大きな力に!ママが救われた言葉★投稿キャンペーン」をご投稿いただいた方が当選対象となります。
・お一人様、何回投稿いただいてもOKです。ただし、何度投稿されても当選は1回のみになります。
・事務局が投稿規約に違反していると判断した際は投稿を投稿を削除させていただく場合があります。
・当選者は厳正なる審査の上、決定します。
・当選者にはベビータウン・キャンペーン事務局より当選のご連絡と、配送先フォームご記入のご案内をいたします。
・賞品の発表は当選者へのご連絡をもって代えさせていただきます。
・第三者への譲渡や換金は一切できません。あらかじめご了承ください。

■当選の無効について
下記の場合、当選を無効とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
・期限内に「お届け先フォーム」ご回答が確認できない場合。
・不正が確認された場合。

■個人情報について
個人情報のお取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

■お問い合わせ
キャンペーンについてのお問い合わせはベビータウン事務局までお願いします。
76件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 約9時間前
    「よく注射いっぱい頑張ったね!お母さんも頑張ったね!」と第一子の息子の予防接種がひと段落した時に小児科の先生に言われました。その時田舎に住んでいて車も持っていなかったので、小児科まではベビーカーを押して歩いて片道20分月に何度か通う事もあり大変でした。母親として初めての事だらけで、褒められることもなく逆にスーパーなどで知らないおばさんに余裕で育児してるわねと言われたり何故か傷つくことばかりでした。言われた時は、涙が出そうで返事も出来ず。帰り道泣きながら帰りました。
    先生にとっては、何気ない一言色々なお母さんに言っているのかもしれませんが母親になって4年。第二子も産まれましたが泣くほど嬉しかった言葉はそれ以外思いつきません。
  • 「かわいいね~。ママのお手伝い、がんばってるわね~。力持ちね~。」
    スーパーで、子ども用の小さいカートを自分一人で押したくて仕方ない1歳5ヶ月の息子。
    子ども用とはいえうまく操作できないので私が手を添えると猛抗議。
    抱っこすると大暴れで泣き叫ぶ。
    周りのお客さんにも迷惑だし、困ったなぁと思っていると、数名のおばあちゃん世代の方から、似たような言葉。
    「かわいい」は今までにもよく言われてきたけど、「ママのお手伝い、頑張ってるわね~。力持ちね~。」は、初めて言われた言葉だった。
    同じようなことを数名に言われたので、私自身、カートを押すわが子のことを「ママのお手伝いをしているの?」「頑張って押してくれているの?」と見ることができた。
    うれしい瞬間だった。
  • 出産したときのこと。
    「俺はお前を守るから、お前はこの可愛い娘を守ってやってね。」
    この言葉にジーンときました。
  • 子供が1歳と3歳の頃。
    子育てに疲れ、すぐイライラして感情的になり、暴言を吐いたり手をあげることも多くありました。
    子供が眠ってから、毎日のように「ごめんね…」と謝り泣きました。
    ある日、3歳の息子が眠るときに「優しいママじゃなくてごめんね」と頭を撫でたら、「ママ優しいよ」と、息子がそう返してくれました。
    それを聞いて、涙がとまりませんでした。
    こんなひどい私でも、ちゃんとママと認めて必要として愛してくれている。
    そんな当たり前のことを、3歳の息子に教えられました。
    そして、ママとしての自信を少し取り戻せました。
  • ムスメが2歳の時に、あまりにも言うことを聞かずにふざけていて、マットに水をこぼしたので、私の中で怒りが限界になりました。
    ものすごい剣幕で娘に暴言を吐き、床に向かって物を投げつけました。
    落ち着いてから言い過ぎたことを反省し、妹にメールで相談した時の返事が「子どもも2歳、お母さんになってまだ2歳。そんな時もあるよ。ママお疲れ様」でした。その言葉に型にはめて頑張りすぎてたと思い、泣きました。
シェアする
関連タグ
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる