プレママ・ママ編集部便り

バレンタイン企画!パパとのほっこりエピソード募集♪

158
クリップ
こんにちは、ベビータウン事務局です。

2月といえば、バレンタイン♪
あの頃のドキドキ・ワクワク!も懐かしいですが、ママ・プレママからパパ・プレパパへ、日々の感謝の気持ちを伝えるにはもってこいの日ですよね^^

そこで今月のキャンペーンは【パパとのほっこりエピソード】を大募集♪
お子さんが生まれる前のお話でも、ママになってからのエピソードでも構いません^^

パパがあのときこうしてくれて…惚れ直した!
パパのこんなところがカワイイ★
共通の趣味の○○、ずーっと仲良く続けてます♪

などなど…本ページのコメント欄に、あなたのとっておきのお話をご投稿ください☆

素敵なエピソードをご投稿いただいた方の中から5名様に、
パパとペアで使えるマグカップをプレゼント!
ほっこりエピソード投稿キャンペーン

たくさんのご参加、お待ちしています♪
【2019年2月28日(木)23:59締切】

応募要項を見る(クリックすると開きます)
◆ほっこりエピソード投稿キャンペーン◆

■応募期間
2019年2月5日(火)~2019年2月28日(木)23:59

■賞品
イッタラ サルヤトン マグカップ360mlレッティ(レッドクレイ・ホワイト各1)
5名様

■ご当選条件
・本記事のコメント欄に、パパとのほっこりエピソードをご投稿いただいた方
・ご当選通知と一緒にお送りする「配送先フォーム」にご記入の上、期限内にご返信いただける方(3月5日頃順次ご連絡、3月8日ご返信締切
※コメント欄投稿には、ベビータウンもしくはプレママタウンへの会員登録が必要となります。
ハンドルネームはママひろばで使用するニックネームとして表示されます。個人情報保護のため、メールアドレスや本名でご登録いただいている場合は変更後にご投稿ください。(ハンドルネーム変更方法:ベビータウンまたはプレママタウン「マイページ」→「会員メニュー」→「会員情報変更」)

■当選に関して
・応募締切日時までに、この記事のコメント欄に「パパとのほっこりエピソード」をご投稿いただいた方が当選対象となります。
・お一人様、何回投稿いただいてもOKです。ただし、何度投稿されても当選は1回のみになります。
・事務局が投稿規約に違反していると判断した際は投稿を投稿を削除させていただく場合があります。
・当選者は厳正なる審査の上、決定いたします。
・当選者にはベビータウン・キャンペーン事務局よりメッセージBOXにてご当選のご連絡と、配送先フォームご記入のご案内をいたします。(3月5日頃順次ご連絡
・賞品の発表は当選者へのご連絡をもって代えさせていただきます。
・第三者への譲渡や換金は一切できません。あらかじめご了承ください。

■当選の無効について
下記の場合、当選を無効とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
・期限内に「配送先フォーム」ご返送が確認できない場合
・不正が確認された場合

■個人情報について
個人情報のお取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

■お問い合わせ
キャンペーンについてのお問い合わせはベビータウン事務局までお願いします。
158件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 初めての産後、バタバタと子どもの世話で時間が過ぎていく中、ふと夫が我が子の顔をまじまじと見ていた。どうしたのかと尋ねると自分と似てるところはどこだろうと探していたらしい。
    パッと見た感じは私の弟達に似ているため、誰に見せても「誰に似てる?」と聞かれる我が子。
    甥や姪は夫の兄にすごく似ていただけに、夫と似ている部分がなく少し寂しかったんだと思う。
    でもね、実はすごく似ている。私にしかわからなかったようだけど。
    夫があまりに何度も探すので、似ているところを教えてあげるとすごく嬉しそうな顔を見せてくれました。
    後日、夫の実家で幼い頃のアルバムを見ると二人はそっくりでした。
  • 先日のバレンタイン
    我が家の伝言ボードのやりとりです。

    付き合ってからなんと12回目のバレンタインです!
    私と○○(子供)を愛してくれてありがとう♡
    パパになった○○も大好きだよ♡

    旦那からの返事
    ○○(私)と○○(子供)を絶対幸せにするな!

    と書いてありました。
    もうたくさん幸せもらってます(^^)v

    普段は業務連絡とか予定などを書き込む伝言ボードですが、たまにはこうゆう気持ちを書き込むのもいいなぁと思いました。

    旦那と遠距離恋愛になった時期に交換日記してたの思い出しました。笑
  • 子どもが生まれて初めてのバレンタイン。後追いしたりいたずらも大好きな時期なので、毎年の手作りスイーツも今年は無理そうと伝えていました。でも当日になって、やっぱり作って驚かせたいと思い、娘をおんぶで寝かせながらチョコバナナケーキを焼きました。とても簡単にできるレシピで凝ったものではなかったけど、仕事から帰ってきた旦那さんは「忙しいのに作ってくれたの!?」と期待通りのリアクションをしてくれました。夜娘を寝かせてから2人で食べました。いつもありがとうの気持ちが伝わってるといいなと思います。将来娘と2人でチョコを作る日も待ち遠しいです。
  • 甘いものが苦手なパパですが、子供と一緒ならおやつを食べてくれました。
  • 息子が生後4ヶ月の時、産後疲れが溜まって私が熱を出して私が寝込んでいる時のこと。息子と散歩に出掛けた主人が、「ただいまー」。ベビーカーで眠っている息子の手にはコンビニスイーツが握られていて「ママが早く良くなるように2人で選んだんだー」とお見舞いのお菓子を買ってきてくれて、何だか元気出ました♫
シェアする
この記事のタグ