プレママ・ママ編集部便り

生まれたばかりの赤ちゃんは病気になりにくい? 生後6ヶ月頃からが要注意なワケを解説!

クリップ
「生後6ヶ月までの赤ちゃんは病気にかかりにくい」という話を、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

それはなぜ?
生後6ヶ月以降にかかりやすい病気は?

今回は、ママたちが気になる赤ちゃんと免疫の関係について、解説します!

赤ちゃんは生後6ヶ月を過ぎた頃から病気がちに?


生まれた直後の赤ちゃんが病気をしにくいのは、胎内にいたときは無菌状態で、胎盤を通してママから免疫をもらっていたため。その後も、母乳に含まれる免疫物質が赤ちゃんの体を感染から守ってくれます。
しかし、生後6ヶ月くらいから免疫物質が減少。そのタイミングで、離乳食を始めて母乳から免疫をもらう機会も少なくなるため、赤ちゃんはいろいろな感染症にかかりやすくなるのです。

生後6ヶ月くらいから急にいろんなトラブルが出てびっくりするかもしれませんが、「ママからもらった免疫が切れたからだ」と思うと、少し納得しますよね。

母乳だと病気にかかりにくいの?


母乳には、赤ちゃんの発育や発達に欠かせないさまざまな栄養素に加え、免疫物質も多く含まれています。また、母乳の成分は赤ちゃんの成長に合わせて最適なものへと変化する特徴もあります。

一方のミルクは、国のガイドラインをもとに母乳に近づけてつくられているもの。ラクトフェリンやDHAなど、母乳に含まれる栄養分がバランスよく配合されているほか、母乳にあまり含まれないビタミンKやビタミンDも多く入っています。

母乳もミルクも、赤ちゃんの健康的な成長に欠かせない「乳糖」「オリゴ糖」「タンパク質」「脂質」は含まれているので、各家庭に合うほうを選ぶのがよいでしょう。



乳幼児がかかりやすい病気は?


ここからは、乳幼児がかかりやすい病気と症状、対処法をご紹介します。

■風邪
風邪ウイルスの感染が原因で発症。熱や鼻水、せきなど上気道の症状が主ですが、ウイルスのタイプによっては、下痢を伴うこともあります。食欲があれば、ミルクや離乳食は普段通りに。熱、せき、下痢の症状がある場合は、こまめな水分補給を心がけましょう。

■急性中耳炎
風邪をひいたときになりやすい病気です。インフルエンザウイルスや肺炎球菌でなることも多く、鼻やのどについた細菌が中耳に入り込むことで炎症を起こします。横になると痛みが強くなるので、体を立ててあげてくださいね。

■湿疹
ほっぺたに赤いブツブツができたり、白いフケのようなカサカサができたりと、タイプはいろいろ。離乳食が始まると手のひらや口の周りに出ることもあります。ほとんどの場合はかぶれが原因なので、顔や手をいつも清潔にして、病院で処方された塗り薬を塗ると治ります。

■突発性発疹
ウイルス感染症のひとつで、ほとんどの赤ちゃんがかかる病気。突然38~40度ぐらいの高熱が出て、3日ほどで熱が下がると全身に赤い発疹が出ます。特効薬はなく、時間の経過ととも自然に治りますが、水分が摂れない、けいれんを起こしているという場合は、すぐに病院を受診しましょう。

■アトピー性皮膚炎
ほっぺたやおでこなどに湿疹が出て、かゆみが強いので赤ちゃんは手でかいたり、爪でひっかいたりしてしまいます。体質がベースの病気なので、家族にアレルギー体質の人がいるなら早めの受診を。ほとんどの場合はきちんと塗り薬を塗ればよくなります。

■ロタウイルス下痢症
ロタウイルスが原因の下痢症で、2歳くらいまでに多くの赤ちゃんが経験。便の色が白っぽくなるので、「白色便下痢症」ともいわれています。ウイルスを排泄するためにも下痢止めは使用しません。脱水症状を起こしやすいので、水分補給が不可欠です。また、感染力が強いので、おむつ処理に手袋を使ったり、手洗いをするなど、衛生管理を徹底しましょう。

前もってどんな病気か知っておくと、慌てたり心配し過ぎたりせずに済みそうですね。



ママからもらう免疫が弱まると、赤ちゃんは少しずつ自分で免疫をつくるようになります。しかし、それまでの間も日常生活で細菌やウイルスなどに触れる機会が多いので、病気にかかるリスクは潜んでいます。

いつもと違う表情や態度をしていたら、赤ちゃんからのサインかも。体の様子をしっかり確認してあげてくださいね。
2件のコメントがあります。
並び替え
  • 3歳(混合から完ミ)と生後2ヶ月(混合ですがほぼ母乳)の男の子の母です。
    長男におっぱいを上手く咥えさせることができず落ち込んで悩んだり、なんだか申し訳なくなり、E赤ちゃんをあげていました。そのおかげか?1歳すぎるまではほぼ風邪は引きませんでした。
    でも人混みなどへ出掛ける事もあり、毎年インフルの予防接種を受けているのに長男は2,3歳の時にインフルにかかりました。予防接種のおかげで軽く済んだのかもしれませんが…
    あと長男の同級生の中には生後6ヶ月以内に尿路感染症や乳糖不耐症など初めて聞く病気にかかる子もいたので、次男は生後2ヶ月ですが油断せずいろいろと気をつけたいと思います。
  • こんにちは、ママひろばサポーターのまめりんごです。胎盤や母乳からの免疫が切れる頃、というのは私も何かで知っていて、そろそろだなぁと思った記憶があります。うちは母乳期間が長かった(1歳7ヶ月で卒乳)せいかどうだか…?、あまりひどい病気にもかからず、高熱もほとんど出さず、軽い風邪症状くらい。元気なのは本当にありがたいことです。とは言っても、いざという時に備えて、子どもの病気についてはよく知っておかなくては、と改めて思いました。
シェアする
0件の「いいね!」がありました。
関連タグ
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる