プレママ・ママ編集部便り

未来を生きる子どもたちのためにも!個人でできる「SDGs」への取り組み

2
クリップ
最近メディアで取り上げられる機会が多い「SDGs」というワード、皆さんはご存知ですか?気になっていた方もいるかもしれませんね。

ビジネス用語だと思われがちですが、実は生活に深く根ざしている言葉なんです。
今回は、未来を支える子どもたちを育てているママたちにとっても無関係ではない「SDGs」について、詳しく解説します!

「SDGs」とは?


「SDGs」は、Sustainable Development Goalsの略称。読み方は”エス・ディー・ジーズ”で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されることが多いです。

2015年9月の国連サミットで採択されたもので、日本を含む国連加盟193か国が、2016年から2030年までの15年間で達成しようと決めた国際目標。貧困や教育、気候変動、エネルギーなど、持続可能な社会を実現するために取り組むべき課題が網羅されています。

①貧困をなくそう
②飢餓をゼロに
③すべての人に健康と福祉を
④質の高い教育をみんなに
⑤ジェンダー平等を実現しよう

⑥安全な水とトイレを世界中に
⑦エネルギーをみんなに そしてクリーンに
⑧働きがいも経済成長も
⑨産業と技術革新の基盤をつくろう
⑩人や国の不平等をなくそう

⑪住み続けられるまちづくりを
⑫つくる責任 つかう責任
⑬気候変動に具体的な対策を
⑭海の豊かさを守ろう
⑮陸の豊かさも守ろう
⑯平和と公正をすべての人に
⑰パートナーシップで目標を達成しよう

これら17個の目標の下には、169のターゲット・232の指標が設定されています。

自治体や企業においても、このSDGsをサイトに掲げているところは少なくありません。

気になる団体のサイト×SDGsで検索してみると、環境や社会に対する取り組みがわかり、地域や商品に関するイメージも変わってくるかもしれません。

神奈川県鎌倉市:鎌倉市がSDGs未来都市に選定されました!>>

ユニ・チャーム株式会社:CSR重要テーマ3 地球環境への貢献>>


働くママさんたちの間でも浸透


SDGsは個人にも浸透してきています。ある調査では、働く主婦の方に「SDGs(持続可能な開発目標)」について知っているかを聞いたところ、約2割がが「知っている」と回答。前回の2018年の調査時から約8ポイントアップしていることから、意識が高まっていることがわかります。

SNSの投稿などから学んでいる方も多いようですね。なかには「ようやく自分ごとになった」という声もありました。

私たちに1人ひとりにできること


SDGsの達成に向けて、私たちが個人できることもたくさんあります!

■食品ロスを減らす
必要な分の食品だけ買い、賞味期限切れや食べ残しをなくすことで「⑫つくる責任 つかう責任」の達成に貢献できます。

■省エネを心がける
電気をこまめに消したり、暖房や冷房の温度を見直すことで「⑦エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の達成に貢献できます。

■マイバッグを持参する
現在プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化しています。レジ袋をもらわないことはプラスチックごみの減少に繋がり「⑭海の豊かさを守ろう」の達成に貢献できます。

多くの人にSDGsを知ってもらうために、SNSで良い情報を見つけたら”いいね!”やシェアをすることも、取り組みのひとつです。



2018年7月に発表されたSDGs達成ランキングで、日本は156か国中15位にランクインしました。しかし、17の目標のうち達成していると評価されたのは「④質の高い教育をみんなに」だけです。

SDGsは国や企業だけで達成する目標ではありません。1人ひとりの心がけが大切なのです。
私たちの未来のために、日常生活でできることから始めてみましょう!
2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • こんにちは、ママひろばサポーターのゆらりーのです。
    SDGsの呼びかけを見て、自分ができることはないかなと日々探しながら、生活するようになりました。身近なところでは、子供が使うストローをステンレス製に変えました。紙製も試しましたが、子供はすぐストローを噛んでしまい、飲み終わるころには、飲み口がふにゃふにゃ...^^;ステンレスに変えてからは、「かっこいい!」と言いながら、喜んで使っています。物を大事に長く使おう。という意識も子供の中で芽生えるのは良いかなと思います^^
  • こんにちは、ママひろばサポーターのまめりんごです。
    加入しているCO-OPでは、SDGsについてのすごろくがあったり、組合員活動の中でも意識して活動しようというのがあって、最近少しずつ気にかけるようになってきました。家庭で一人一人ができることもたくさんあるので、意識してみたいですね。
シェアする
0件の「いいね!」がありました。
関連タグ
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる