プレママ・ママ編集部便り
2
クリップ
「仕事をするなら正社員として責任を持って働くべき」「女性は結婚して子どもを産むべき」「20代から貯金を始めるべき」……

世の中はたくさんの「〜すべき」で溢れています。

女性の社会進出や働き方の多様性によって以前よりは少なくなったものの、育児に対しての「〜すべき」も根強く残っています。言われた経験があるママさんやプレッシャーに感じているママさんも多いのではないでしょうか?

「べきおばけ」って?


最近、話題になっているのが「べきおばけ」という言葉。テレビ番組で、「〜すべき」という世間の常識が強迫観念となり、当事者を苦しめている現状が紹介され、「べきおばけ」と名付けられました。

「子どもは母親が家で面倒をみるべき」
「3歳までは子育てに専念すべき」
「子どもには手料理を食べさせるべき」
「子どもは20時までに寝かせるべき」

人はどうしても「〜すべき」という言葉にとらわれがちですが、育児中のママさんが一番悩まされているのもこの言葉のようです。

ママたちの本音は?




Twitterで「#べきおばけ」と検索してみると、さまざまな声が投稿されていました。

「誰かに『べきおばけに取り憑かれてるよ』 って言ってもらえたら、受け入れられて楽になれそうな気がする。なかなか自分で『そうなんだ』って認めるのは難しいんだよなぁ」

「まさにこれに取り憑かれていたよ。手づくりすべき、テレビやスマホを見せないようにすべき、絵本を読むべき、早く寝かせるべき…。今は少しゆるくなれてるかな。自分の時間も大切だし」

「この考えには私もとらわれていましたね。今は子どもは大事、自分も楽しむ、という考えに変わりつつあります」

お子さんが小さいうちは、周りからの「〜すべき」という言葉に苦しめられていたものの、徐々にマイペースに育児を楽しめるようになってきたというママさんが多いようです♪

ママたちの本音は?


「こんな時はどうしたらいいの?」
「これって自分だけ?」

育児をしていると、ときどき疑問や悩みが出てくると思います。
そんなママさんのために、ママひろばの「教えて!ママ(Q&A)」を活用してみてくださいね♪

・おむつのサイズアップについて
・トイレトレーニングについて
・復職について

など、たくさんの方がここで質問して、先輩ママさんたちからアドバイスをもらっているんですよ!



「べきおばけ」にとらわれることなく、自身のペースやお子さんの成長スピードに合わせて子育てをしていきましょう。

ママの笑顔がお子さんの元気の源のはず!
もし、「べきおばけ」にとらわれそうになった時は、ママひろばを活用して、先輩ママさんや育児中のママたちから温かい励ましやヒントをもらってくださいね♪
2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • こんにちは、ママひろばサポーターのまめりんごです。
    「べきおばけ」という言葉自体を知らなかったのですが、ゆっくりテレビを見ることもないなぁと改めて思いました。食事の時間にテレビをつけないようにしようと思うと、なかなかニュースやこういう情報が入らないですね^^
    周りの言葉、というのもやっぱり気になりますが…子育てをマイペースで、と思えるのは気が楽になりますね。
  • こんにちは。ママひろサポーターのらぶりっちです。「~すべき」と、子どもが小さいときはそんな言葉を自ら使っていたのを覚えています。自分にも他人にも・・・。子育ても仕事も完璧にやらないと気が済まないという私にとっては、普通の言葉でしたが、時を経て、何かを「すべきかどうか」は、個人の自由であると思うようになりました。子育ては特に自由に、自分の思うように、無理のないようにやるものだと思っています(^-^)人から聞いたことなどは、あくまでも参考までに、と思ってやると楽に子育てが出来ると思います♪
シェアする
0件の「いいね!」がありました。
関連タグ
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる