スイカ好きっ子さんの記事
2019/03/02

懺悔

104 views
公開
クリップ
日記を書き終えてから、長女が寝ている布団に潜った。
長女は寝返りをした。いつもなら、寝ていても私のオッパイを探してパジャマに
手を突っ込んでくるが、今夜はそれが全く無い。まるで、酷い事をした私を
見放したように感じた。
数時間後、赤ちゃんの泣き声で目が覚め、少し眠った事を知った。
よろよろと起き上がり、オムツ替えをする。しばらくして、もう1人も泣き始めた。
双子の泣き声に夫が起きてきた。「オムツ?」と聞かれ、「もう替えた。」と、
か細い声で答えた。「ミルク作ってきたらいい?「うん。」と下を向いたまま答えた。
夫が1階に下りて行き、双子はワァワァと大合唱を始めた。
赤ちゃんが泣いている。その泣き声に、涙が少しずつこぼれ始めた。
夫が哺乳瓶を2本抱えて戻ってきた。1人ずつ双子を抱き、ミルクをやり始めた。
私はすすり泣きを始め、主人がようやく私の異変に気付いた。
「どうしたの?」「…。」何も答えられず、ただひたすら泣く。
ミルクを飲み終えた双子を寝かせて、夫は私のところにやってくる。
「どうしたの?何も泣く事なんかないやんか?」「ううっ…」
優しい言葉をかけられ、すすり泣きが嗚咽に変わった。
「どうしたの?」夫は必死に私の背中をさするが、言葉を発する事が出来ない。
"どうせ私なんか…"という言葉が頭の中をグルグルと回っている。
しばらくして、私は少し落ち着きを取り戻した。でも、まだ何も言えなかった。
夫は仕方なさそうに立ち上がり、「ちょっとご飯食べてくるから。」と言って、
階下に降りていった。私はソファに座った。
双子たちがこちらを見て、ニコニコしている。こんな私にも笑ってくれている。
その笑顔に、また涙がこぼれた。

7時過ぎ。子供たちは3人とも寝ている。
長女はまだ起きない。でも、起きたらどんな顔をしたらいいんだろう。
私は困って、ネットサーフィンを始めた。でも、答えは出ない。
ネットサーフィンはただの時間潰しになった。
夫が2階に戻ってきて、じっと私の様子を見ている。私は顔を上げることが出来ない。
ネットを見るか、涙を流すかのどちらかしか無い。
「ご飯は?」「食べたくない…。」「…。」夫はため息をつく。
夫は私を気遣いつつ、自分の身支度を整え、床屋に行った。

1人になり、この時間をどう過ごせばいいのか困った。
予防接種の問診票を書く事にした。何枚も何枚も双子の名前を書いた。
すると、もぞもぞと布団が盛り上がり、中から長女が顔を出した。
お互いにじっと見ている。私は気まずくなって、問診票に目を移した。
気になって長女をもう一度見た。長女はじっとこちらを見ている。
「ママ。」と呼ばれるが、はい、と返事をしていいのか分からなかった。
私は母親に相応しくない…。また問診票に目を向けた。
しばらくして、長女はトントンと歩いてきて、私の背中に手をやる。
私は、娘が自分のところに来てくれて嬉しいのと、
自分なんかが母親でいいのかという戸惑いとが半々だった。
私がしばらく身動きをせずにいたので、長女は私の元を離れ、
玩具箱へ向かっていった。双子はスヤスヤ眠り、玩具の音だけが
カチャカチャと響いた。
夫が床屋から帰って来て、娘は「パパ!」と嬉しそうに声を上げる。
夫は娘に朝食を食べさせる為、娘を抱いて1階に下りていった。

私の居場所がないような気がした。
関連タグ
全0件の「いいね!」がありました。
  • 0
4件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 2019/03/03
    パパさんもがんばってくれてるんだ…
    黙ってスイカ大好きっ子さんが気持ちを話してくれるのを待っててくれてるのかな?
    2人ともがんばってるよ。
    スイカ大好きっ子さん、母親にふさわしくないなんてことないよ。
    娘ちゃんの気持ち、考えているじゃありませんか。
    居場所、ちゃんとありますよ。
    パパさんも、娘ちゃんも双子ちゃんたちも、こんなに必要としてるんだもの。
    娘ちゃんにお返事できなかったら、黙って手を握るだけでもいいんですよ。
    ちょっとだけ、笑ってみましょうよ。
    • 優しいお言葉ありがとうございます。
      主人は優しい人です。
      介護士なので、いつも会社からクタクタになって帰ってきます。
      背中に引っかき傷が付いてる事も…。
      そんな中で育児もしてくれるので、もっと労らなければ…。
  • 辛くて、苦しくて、言葉にできないですよね。。旦那様、優しいですね。旦那様も娘ちゃんも、スイカ好きっ子さんのこと、本当に大切だからこそ心配されてるんですね。でもどうしていいかわからずに、1人にしてあげた方がいいのかな?って思っちゃったんですね。決して避けてるわけじゃないですよ^ ^スイカ好きっ子さんの中の不安な気持ちがそう見えるようにさせてしまってるんですね。。
    じゃりんこチエ(世代が違ったらごめんなさいw)のおばあちゃんが言ってました。「暗い、寒い、ひもじい。そんな時はロクな考えが浮かばん、もぉ死にたいってなるだけや。」暗い部屋で考えてませんか?しっかり食べずに考えてませんか?そんな時って本っ当にマイナスの発想しか生まれないんです。私も良くやってしまうのですが^ ^; まずは何か温かいものを口にしてみてくださいね。
    言葉にできない時はメールにしてみてください。送るか送らないかは後から考えたらいいです。文字にしてみると少しでも気持ちの整理がつくかもです^ ^
    • いつも優しいお言葉ありがとうございます。
      じゃりんこチエ…懐かしいですね。
      詳しい話は忘れてしまいましたが、10年以上前に
      赤井英和さん主演の舞台も観に行った事ありますよ。

      確かにそうですね。昔、仕事でうつ病になった事がありましたが、
      その時も昼と夜の食事を抜いて必死に仕事していたら、精神が
      病みました。食事と睡眠は大切ですね!