りりっくさんの記事
2016/07/28

障害のある子を育てるということ

296 views
公開
クリップ
気持ちを吐き出させてくだい。

私、まだ経験2年弱です。障害の程度でいうと中程度。
それでも、時々しんどくなる。わー!って叫びたくなることもある。
なければいいのに、と思うことがある。
でも、それは「この子が」じゃなくて、「この子の持って生まれた病気や障害が」ってこと。
時々叫びたくなるのは、「健常」の長女を育てる時も同じ。
思い通りにいかないし、手もかかる。面倒くさいことも多々ある。
でも、2人ともかわいい。2人とも愛しい。いなくなってほしいなんて思ったことない。
大事な大事な、大切な存在なんです。


相模原の事件を当日の朝ニュースで見て大きなショックを受けた。
以前に生活の介助をしてくれていた人による犯行というのがより重い。
被害に遭われた方やそのご家族の心身の痛みを考えると言葉もない。

そして、もう1つ。
今回の事件を受けて、
「犯人がしたことはひどいけど、被害者は障害のある人だから気持ちはわかる。」的な意見が少なからずネット上で飛び交っていることに恐怖を感じる。
中には、「家族も実はほっとしてるんでしょ?」なんて心ない憶測も…。

次女は、将来的に私たち親が老衰で一緒に暮らせなくなった後か亡くなった後にはグループホームや施設で生活する可能性が高い。
同じように、誰かに殺されたら?私は犯人を許せない。


生きる「価値」ってなんですか?
どのように生まれついたかなんて関係なく、生きとし生けるものは、命を授かった瞬間から生を全うしているんです。
意味とか価値とかは、自身の存在意義を確立するために必要なのかもしれないけれど、少なくとも他者によって勝手に判断されるような性質のものではない、と私は思っている。
「障害があるから、役に立たないから生きる価値がない。」なんていう、偏った身勝手な理由での殺戮が許される世の中ではない、と信じていたい。


全国手をつなぐ育成会連合会から、障害のある方本人向けと、プレスリリースで下記のような声明が出ています。

http://zen-iku.jp/info/member/3223.html
http://zen-iku.jp/wp-content/uploads/2016/07/160726stmt.pdf


祈ることしかできないけれど、どうか、みんなが生きていきやすい世の中でありますように。
20件の「いいね!」がありました。
全20件の「いいね!」がありました。
  • 20
6件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • Rueさん

    Rueさんの日記、私はきれいごととは感じません。アップされた直後に強く頷きながら読んでいました。

    やっぱりうまく言えないけれど、あいつ気持ち悪い、こんな考えおかしい、と思う人の方が多いと信じていたいです。
  • ターコさん

    叔父は、エリートサラリーマンから一転して、50代から要介護2の支援を受けています。一時は寝たきりでしたが、それでも残された家族は懸命に叔父を支えています。私にとっても、大事な叔父です。

    勝手に決め付けて殺戮するのは、テロと同じ。自らの考えと異なるものは排除していったら、一体何が残るんでしょうか。
    本当にくやしいですよね…。
  • 2016/07/29
    ニュースを見て、一番気がかりだったのがあなたたちのことでした。
    今頃どんな思いでいるだろう、と想像しただけでも苦しくなるのに、
    ネット上の憶測や、犯人を擁護する意見を見てしまうと、ほんとにやりきれない想いになります。
    そして、なんとか日記にはしたものの、きれいごとにしかならない自分にも。

    あんなの許さなくていいんです。怒りと恐怖、当然だと思います。
    ふざけるな!おまえにこそ生きる価値なんかないんだ!と、あなたたちには言う権利がある。
    過激な言葉でも、罵詈雑言でもいいんですよ。
    やりきれない想いも、黒い塊も、あなたたちの立場だからこそのことだと思うのです。
    私はあまりにも無力で、ああいった考えの人間をどう矯正したらいいかもわからない。
    何の力もないけど、思い上がりだけど、せめてここで、あなたたちの気持ちを受け止められたらと思います。
    どうか自分の気持ちに押しつぶされる前に、吐き出せるものなら吐き出して。
    ここのみなさんは、きっと、わかってくれるに違いないと私は信じています。
  • 私も昨日この件について記事にしかけて、手が止まってしまい最後まで書けずにいました。

    老人や障がい者は社会のお荷物ですか?

    誰だって歳を取るし、障がい者になる可能性もあるのに。

    障がいがある息子を育てている、障がいがある私は、この事件が本当に許せなくて悔しかったです。

    うめちんさんと同じかはわかりませんが、記事を書いている時、私もかなり過激な言葉が並びました。

    刑法を変えて欲しいです。
  • うめちんさん

    正直、私もまだ思いがぐちゃぐちゃなんです。
    でも、ネットでの擁護?的な意見に「ふざけんな!」と罵詈雑言吐きたくなるぐらいの怒りと、同じぐらい恐怖があって。

    偏見の塊で、思い詰めた保護者として私の場合は自分を抹消しようとしたこともあります。綺麗事じゃすまないような、今でも腹に黒い塊を抱えています。家族の数だけ、それこそ色々な気持ちを抱えているのも多少は聞き知っています。

    やっぱりまとまらないです。本当にやり場のない思いでいっぱいです…
  • 実は、私も記事にしようと思いつつ……まだ考えがまとまっていないのです。
    ただ、犯人と同様にネットで犯人を擁護(?)するような意見に対して、言葉にできない怒りがあるということです。
    記事にしようとするとね…過激な言葉が出てしまうんです。数日前から書いては消し、書いては消しを繰り返しています。
    「追いつめられた保護者」として、経験はあるんですけどね………(かなりショッキングな内容です)
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる