みさき0141さんの記事
2016/06/23

蕁麻疹と逆子がダブルパンチ

2,167 views
公開
クリップ
妊娠後期に突入する27週末。

突然の痒みで目が覚める。
体を掻き毟りながら目覚めるなんて経験はした事が無く、何事かと大慌て。
そこまで猛烈な痒みを齎す原因の心当たりはノミダニ。
猫を飼っている為、猫に付けてた薬が効果切れを起こしたのかと思った。
しかしながら、そんな程度の痒みじゃない。
言うなれば、尋常な痒みでは無い。
経験上、ノミダニってと猫からだから足元から食われるし、痒みで眠れないとか痒みで起きるなんて程では無い(慣れ?)

後は、考えたくも無いけれど疥癬やナンキンダニ。
注意はしていたけれど、運悪く発生したのかと思った(←元介護士)
ナンキンダニは旦那さんが経験した事が有って『痒くて目が覚めた事が有る程に痒い』と言う。

どちらにせよ、ダニ等なら皮膚にトンネルが出きるから、向かい合わせに2個の発疹が出きる。
ノミダニなら選択に硬いポチが出きやすい印象が有る。
なんだかソレとも違う。

先ずは、旦那さんに連絡を入れて同様の症状が出ていないかの確認。
無いとの事でムシが原因の線は限りなく薄くなった。
旦那さんの方が吸血虫に狙われ易いから。

とりあえず、痒みが酷過ぎて果てしなく痒い。
太腿、膝裏、足の付け根、二の腕、肘裏、肩、首、兎に角痒い。
赤い発疹も出ていて、酷い場所は腫れが合体して地図の様に連結し丘を作っている。
最早、発疹と言うか・・・以前、妹が出てるのを見た事が有るが蕁麻疹の様相だった。

産婦人科に電話をし、産婦人科に行くか皮膚科に行くべきかの確認。
皮膚科に直接行けとの事。
出す薬で迷うようなら連絡が欲しいとの指示だった。
近場の皮膚科を検索するが、3秒診察の殿様商売してる皮膚科か総合的に診てる内科医の所と行った感じだった。
専門の皮膚科は週1しかやっておらず、本日は休診日だった。
クソ田舎らしい結果だ。
仕事してた時に利用者を連れて行ってた隣町の皮膚科に行くべきか悩んだ。
自宅から30分はかかるので、非常に面倒くさい。

結局、内科と併設の皮膚科の方へ。
酷い状態になっている時の写真を撮っておいたので、その写真も見せて状況を説明(以前、違う用事で皮膚科医に診てもらった事が有るが、見せに行く頃には赤味も腫れも引いて、原因不明。その後も繰り返し腫れたが、店に行く頃には症状が出ていないって事が有ったので、その対策)
見慣れている事も有り『蕁麻疹だね~』との事。
ノミダニの症状はやはり『全く違う』と言う。

ただ『蕁麻疹の原因を突き止めるのは至難の業』と言う事で、追求しないらしい。
割と言われる、蕁麻疹はアレルギー反応として出やすいってのは話題にも上がらなかった。
都合良く『たまたま体調が悪かった。と言い換えてるんだ』とか言っていたので、面倒臭いから次の話しに切り替えて話しを進めた。
やる気無い医者なら、用は無い。
『通常は飲み薬でコントロールするんだけど、妊娠してるから出せない。
 効果は薄いと思うんだけど、塗り薬で痒みの連鎖を断ち切るしかない。
 何で蕁麻疹が厄介なのかって言うと、次々と痒みが出るヶ所が移動して行きながら広がるから、塗り薬では間に合わない。と言う点なんだ。
 時間がかかると思うんだけど、根気強く続ければ治るから』と言う。
正に今の状態がソレで困っていた所。

出された薬はステロイドの中で、上から2番目に強いトプシム軟膏。
俺が使った事の有るリンデロンVGより強くて、リンデロンDPとランクが同じ強さ。
健常な状態で連用1週間までの使用が可。
『時間がかかると思うんだけど・・・(以下略)』とは随分な矛盾だ・・・。
ステロイドの塗り薬は10本処方された。
『特に注意とかされましたか?無いですね。なら1日1本使い切るとか言う使い方にならなければ問題無いですよ』
通常時大人2週間使えるキンダベート軟膏も1週間と言われていたので、ちょっと驚く。
因みに、範囲と言い、痒みと言い、あんなチューブ1本使い切りそうな勢いの痒さと範囲でした。

薬効が強いので、顔には非ヒスタミン薬レスタミンコーワ。
コッチはあんま調べて無いからよう解らんが、小さなジャーに入れて処方された。
非ヒスタミン薬のが安心して使えるのだが、うん。

精神科医もそうだが、薬の注意書きってちゃんと読んでるのかなぁ・・・ってよく思う処方をする医師が居る。
長引くと思うなら、薬以外での痒みを抑える方法も指導して欲しいと感じた。
例えば、冷やすとか。
たまたま、聞いた事が有ったってだけで、知らなかったから掻き毟ってもっと範囲を広げていたし、冷やすだとか民間的な治療解らず酷い事になっていただろうと思った。

結果的に、ステロイドも役に立たず炎症がなかなか治まらず、その日の夜は眠れそうに無い状態だった。
蕁麻疹経験者が身近に居て、色々助言を聞いたり、旦那さんが薬効が高いとレビューが多く出ていた入浴剤を買ってきてくれたり、兎に角てんやわんやだった。

・蕁麻疹経験者的には、塗り薬のステロイドはあまり薦めない(ステロイドが癖になってしまって、ステロイドを塗らないと蕁麻疹が治まらない、痒みが出ると言う本末転倒に陥る恐れが有る為/所謂リバウンド現象の一種)
・やはり塗り薬使った所で治らない恐れのが高く、飲み薬が一番と言う事。
・気休め程度だが、冷やすのは有効(炎症な為)
・漢方の使用
・アレルギー原因の取り除き
・私が使ってるクリームはコレ。ステロイドより効くし、ステロイド入って無いから使いたいだけ使えるのが便利!

調べた範囲と医者の言い分では『塗り薬が体内に吸収される事は無く、ステロイドの使用も問題無い』との事で、強力なステロイドを先ず出して、炎症を抑えて掻き毟りを止める。
そこから、徐々に弱いステロイドに切り替えて完治させる。と言う定石な方法を取った様子だ(そんな説明は勿論されてない)

状況によっては、非ヒスタミン系の弱い抗アレルギー薬を処方される様子だ。
が、その匙加減は医者次第。
『飲み薬の処方はしない』と言い切っているので、可能性も低そうだ。
漢方で効果が出る可能性が有るのが有ったので、漢方医に相談してみた。

漢方医の所に行くと、ステロイドの塗り薬が出ている事に先ず驚かれた訳だが、塗り薬って事で合点も行ったらしい。
ソレから、妊婦でも使える漢方を処方してもらった。

先生が言うには『妊娠中のトラブルは大体が"水"の流れが悪くなっているせい』との事で、体に熱を持っている事と浮腫みが出てしまっている事から水毒を取り除く漢方が出た。
血流を良くして、排出される流れを作る形。
『急性蕁麻疹みたいだから、2~3日で治まると思うよ~』との事だ。
3日分処方されたが、飲みきってしまって追加で貰ってきた。

その時に、顔馴染みの薬剤師さんに『あれ?お腹下がってる?今何ヶ月だっけ?』と聞かれ『そっかぁ、あと少しだから頑張ってね』と意味深な事を言われた。
後でどうなってるんだか、理由が解る。

5日位経ったが、症状は激的に軽くなったものの、完治には至って無い。
寧ろ、漢方の効果が切れた頃に症状が悪化して痒いったら無い。

痒み止めはジ○マートとメンソ○ータムADの併用で凌いでいる。
出先がジン○ート、自宅ではメンソレー○ムADで。
注意書きにも妊婦の使用には触れられてないので問題無さそうだ。

どちらも配合されている成分にリドカインが使われていて、無痛分娩等でも使用されてる局部麻酔の成分。
痒みが治まるのも早いので、掻き壊さないで済むのがありがたい。
てな事でステロイドの出番が減ったのは気持ち的に大きい。
困るのは、出先で蕁麻疹が顔に出てしまった時の対応。
ジン○ートじゃメントールが強いので、頬位の位置になるとだんだん目に沁みて来る。
本来は顔不可では有るので、使い方が悪いのも有るが臨時的な使用では止む終えない部分が有る。
掻き壊して傷痕になるよりはマシ!

最近思うのは・・・どうせ処方されるならリンデロンVGのがありがたかったなぁ・・・なんて思う。余る予想なんで(笑)
掻き壊してる訳でもなかったので、リンデロンじゃなかったのはよく解るが、リンデロン使いやすいからw

昨日、産婦人科に健診に行った際に予想もしてなかった事を言われた。

Dr:逆子ですね
俺・旦那さん:Σ(=△=lll)!?

2週間前までは『綺麗に正位置で頭がハマってますよ~』って言われてたのに、逆子になっていた28週目。
何ででしょね。
薬剤師が心配していたのは、この事だったみたいですはい。
数日前から、下腹がやたらポッコリになっていて、胃がスッキリして食べ物も食べ易くなっていた。
下腹ポッコリは旦那さんも気になっていたそうだ。
体重の増加も止まっていて、体重計が壊れたのかと心配してしまってた。
そして、出口当たりを蹴飛ばされる感じと足の付け根の痛みで少々歩き辛く、胎動もやたら下側に有った。
症状を調べると、産まれる前に起こる現象とソックリになっていたと言う・・・無知って怖い(=x=;)

それから『妊娠で蕁麻疹になる事も有るからね。妊娠性とか言われた?』とか。
急性蕁麻疹とは言われたが、妊娠性とは何も言われていないっつう。

逆子体操を教わって、定期通院してる県外の病院へ。
そこで『蕁麻疹って事は、何かしらアレルギー原因を口に入れているって事になるね。使っている物が蕁麻疹になる前の物から変わっていないなら、確実に口から入ってるって事だ』と言われた。
言われてみればそうだ。
因みに『妊娠が原因なら、普通初期なんだけどなぁ・・・』だそうだ。
Drみんな言ってる事バラバラ也。

調べてみると、妊娠後期から発生する蕁麻疹も有るみたいだが・・・大抵は経産婦で、腹を中心とした蕁麻疹が出るらしく、確かに当てはまらない。
俺の場合は、間接や柔らかい部分に出まくっているが、腹は脇腹以外は症状が殆ど出る事が無い。
因みにマタにティークリームはベルタ。
ボディーはボディショのローション。
薄く塗ってる時は蕁麻疹の数も多いので、保湿も大切ってのはガチだと思う。

今日は逆子を直す手助けって事で、行き着けの整体んトコの鍼をやって来た。
逆子の場合は、鍼って言うよりも主な治療は御灸だそうで。
『逆子の原因はハッキリとは解明されていませんが、原因の一つとして言われているのは"足先の冷え"なんだそうです。なので、その冷えを治療する事になります。』とな~。

鍼を刺してた時に赤子も結構動いてるので、体内に何かしらの反応が有るのは確か。
「このままひっくり返ってくれれば良いのになぁwww」とか思った訳ですが。
そして、小指と内側のくるぶし近くに御灸が置かれた訳なのですが・・・

『だんだん、ジンワリと暖かくなるのですが、熱かったら言ってください。総て取りますので。』と言われたのだけど・・・1回目、よく解らない。
『大体2回目だと、我慢出来なくなって取って欲しいって人が多いのですが、熱くないですか?』てなったけど・・・熱いって言うか、かゆい(ぇ
『表面はそんな熱が溜まってる感じしないのですが、芯から冷えてるのかも知れませんね。熱くなったら我慢しないで言ってくださいね』・・・うん、43度位のお風呂(熱め)に入ったみたいに、ちょっと熱くて触った所が痒くなる程度の熱さしか感じない(汗)
3回目でやっとこさ体もポカポカしてきた感じにはなった。
冷えの根っこが深かったらしい。
『冷えが強い場合は、熱さも感じ難くなっていますが、冷えが取れると熱さも解る様になって御灸も熱くて我慢出来無い感じ(=不必要になる)になるんです』と言う訳らしい。
だから、我慢しないでくださいって事だそうだ。
刺激が強いので、今日の所は3回で終わり。
『2~3日に1回を暫く続けた方が良い』って結果に。

冷えが原因で逆子になっている恐れはとても強いっポイ。
[冷えで逆子になる原因]で説明されたのは・・・。
通常、頭を下にして産まれて来るが、人の体温と言うのは頭から足先にかけてどんどん温度は下がってくる。
冷えが強いと、その冷えを嫌って重力に逆らい頭を上にしてしまう為。
ソレを改善する事で、頭を下にしても問題無い形に変える。ってのが足先の冷えを改善させる理由だそうだ。

なので、御灸と鍼だけでは無く、血流を良くする(解す)マッサージを教えてもらいました。

足首の血流の改善には、足首を上下に動かす事や手でグリグリ回す事、足指と足指の間を広げて硬直させない様に解す方法等。
様は、足の浮腫み取りと同じ感覚+指の血行を促す感じみたいです。

蕁麻疹が出ているので熱を溜めたく無かった為、パジャマはワンピースのみで足はフリーだったのですが・・・どうもソレが良くなかったのかも知れないです。
足を冷やし過ぎたが故に、冷えを嫌って頭を上に向けてしまったのかも知れないですはい。
なので、蕁麻疹の発生から直ぐに逆子になって子宮の位置が下がってしまったみたいです。

逆子になってしまったから、蕁麻疹が出てきた・・・って訳では無かったみたいで、自分が悪かったのでちょっと反省ですはい。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる